Uターン転職する年齢は20代?30代?実際戻った僕が考えてみる

Uターン転職に年齢は関係あるか
uターン転職で不安

Uターン転職する年齢はやっぱり20代と30代じゃ難易度変わる?戻る前は不安だし、実際に戻って生活してる人の感想を知りたいな。

 

こういった希望に応えます。

 

本記事の内容
30代でUターン転職した僕が地元就職時の年齢における苦難を伝えます

 

この記事を書いている僕は、【32才・スキルなし・資格なし】で東京都新宿区から山梨県甲府市へUターン転職してきました。

現在はUターン転職してから5年が経っています。

なので、この記事を読めば地元へ戻ってからの就職活動で、どれだけ年齢が影響あったかをお伝えできます。

 

地元へ戻ってみてUターン転職において、年齢はかなり影響がありました。戻るなら年齢は若い方が有利です。

ただ30超えててもUターン転職は決して不可能ではないです。ぼくが正社員に登用された経緯もお伝えします。

 

この記事は3分で読めます。

 

スポンサーリンク

Uターン転職するなら年齢は20代がいいの?

uターン転職に年齢制限はあるか

ぼくは32才でUターン転職をして地元に戻ってきたんですが、実際30代で就活してみて思ったのは、戻ってくる年齢は20代の方がいいです。

なぜならUターンに限らず若ければ若いほど転職は有利な側面があるからです。よく見かけませんか?

年齢:35才まで

 

これぼくは超見かけました。反対に年齢制限を外すと、求人数は激増します。哀しいですがこれが現実です。

なので、Uターン転職するならなるべく早い方が有利です。

ただ余り若くUターンするとまた都会に出たくなるので。戻るなら都会楽しみ切った!やり切った!!位に満足してから戻りましょう。

 

ぼくは都心で様々な仕事をし、「良い意味でもう好奇心や野望はなくなった」と思ったから戻ろうと決めました。

 

20代なら未経験の募集も多くある

30代は即戦力を企業に求められますが、20代なら未経験の募集があります。このことからも企業側も20代なら人材育成しようという意思が感じられますよね。

つまり、20代は就職できる会社の母数が30代よりグッと多いです。これまでと違う業種へのチャレンジも、20代なら30代より遥かにカンタンにできます。

ちなみに都心なら実にいろんな仕事があり、30代でもまだまだ可能性はあります。でもUターン転職で地方の求人を探すとなると、そうはいきません。

 

なので、Uターン転職において20代で戻るということは、これから地元企業に応募するならば30代より遥かに有利であると言えます。

戻るなら若い方がいいです。

 

30代でUターン転職を成功させたぼくの経緯

Uターン転職するなら年齢は20代、30代でどう違うか

ここまでUターン転職するなら20代の方がいいと言ってきましたが、僕は32才でUターンしています。それでも何とかやってこれたので、その経緯を公開します。

 

ざくっとフローチャート👇

1 地元のコネを使い就職→配属先が遠すぎて辞退
2 DODAリクナビで仕事を探し郵便局のバイク便に応募、採用
3 より高給を求め生協の配送員になるもしばらくして辞職
4 印刷会社の営業になるもブラックで辞職
5 別の印刷会社の営業になるも給料が支払われず辞職
6 リワーカーという転職サイトでweb系の在宅正社員の仕事に就く

 

いかがでしょうか。仕事辞めすぎですよね(苦笑)でも、それ以上に30超えてる割に再就職に何度も成功しています。Uターン転職してから4回離職し5回転職している、という経歴です。

仕事を探す時に、まず地元だからという理由で地元の求人誌やチラシ、ハロワも見てみました。

ただ僕はフリーペーパーやハロワではブラック企業が多いことを経験上知っていたので、求人サイトを利用する方法を選びました。

 

再就職に何度も成功した僕の必勝パターン

Uターン転職に年齢制限はあるか
・これまで経験してきた同業種に応募
・またはこれまでの経験が少しでも活かせる業種へ応募

この2点となります。ぶっちゃけ僕は転職し過ぎですが、その度に再就職ができたのはこれまでの経験が役立つ職場に応募をしたからです。

 

東京で生協の配送をやっていた
→Uターンしてから郵便局の配送に受かり、その後また地元の生協からも声がかかる。

生協では営業も業務の内だった
→印刷会社の営業職にも就けた。(面接で実際に生協で保険の営業した時の実演もさせらたがクリア)

・今のフルリモートの在宅勤務の仕事では、学習してきたwebの知識とライティング力、営業で培ってきた社会常識と対人対応能力を評価され採用。

 

こうしてみると、全て繋がっているんですよね。僕は30代なので、1スキルのみで未経験業種に飛び込むことは難しいです。

なのでこれまでの1つ1つの経験を線として繋げていって今のフルリモート正社員という位置があります。

過去の自分ががんばってきた事をムダにしないことが、30代でUターン転職を成功させた必勝パターンです。

 

まとめ

Uターン転職に年齢は影響があり、30代より20代が有利である。が、30代での再就職は過去の経験を活かせば不可能ではない。

となります。

 

これを読んでいるアナタは、都心での生活もひと段落しこれからは地元で両親の近くで住もうかな、と考えている親孝行な人だと思います。

ただ、地元再就職に関してリサーチ無しでの帰省は不安ですよね。ぼくの記事がアナタが帰省するときの参考になれば幸いです。

都会はモチロン楽しいですが、地元へ戻ると親はとても喜びます。そんな笑顔を見ながらの生活も、けして悪くはないですよ。

 

ぼくはUターンし親の幸せそうな顔を見ることができ、戻ってきて良かったなと思っています。都会を満喫したあとは、家族との平和な時間を満喫する人生の第2ステージに移行するのも大いにアリかなと今は思っています。

 

スポンサーリンク