【体験談】30代でUターン後、5回転職しその度に再就職してきた僕の経緯

uターン転職の体験談30代でUターン転職するのに色々不安だな…。誰かの体験談が読みたいな

 

 

 

こういった要望に答えます。

本記事の内容
30代でUターン転職してから5回転職した僕の体験談

 

これを書いている僕は、【32才・スキル無し・資格無し】で東京都新宿から山梨県甲府市へUターンしてきました。最初のUターン転職から5回転職しましたが、その度に再就職してきた経緯があります。

そして地元へ戻ってから5年が経っているので、Uターンしてからの体験を多く語ることが可能です。

この記事を読めば、アナタは30代Uターン転職者が地元へ戻り、何度も再就職をしてきた男性のその一部始終を知ることができます。

 

この記事は3分で読めます。

 

スポンサーリンク

Uターン転職してから現在までの略歴

uターン転職の体験談

僕が新宿から山梨県甲府市へUターンしてきたのは2012年12月20日。

この時点で生協への内定が決まっていました。

が、片道15分の事業所へ勤めるハズが直前で片道2時間の事業所へ配属される事に。ちなみに甲府から新宿までは1時間半です。これではUターンしてきた意味が無いので辞退しました。

Uターン直後、いきなり内定先を辞退する事態となりました。以降の略歴は以下になります。

2013/07~10
郵便局 バイク便

2013/11~2014/08
生協 配送員

2014/09~2015/03
印刷会社A営業

2015/04~2018/03
印刷会社B営業

2018/10~
web系会社 制作・ライター業務他

 

Uターン転職をなぜ5回もしたのか

30代Uターン転職の体験談

ただ嫌だから辞めたという訳ではなく一応理由もあります。

 

・郵便局
働いている最中に、第一志望だった生協からお声がかかったので退職

・生協
肉体労働+長時間クルマ通勤で想定外に疲労し、妻との妊活に問題が生じた為

・印刷会社A
時給換算470円以下のブラック企業だった為

・印刷会社B
給料が9ヶ月間未払い+社長に20万以上貸して返済日に戻ってこなかった為

 

Uターン転職・離職を繰り返した僕が5回も採用された経緯

30代Uターン転職の体験談

 

・郵便局(配達)
Uターンする前も配送業をやっていたので、前職の経験を活かせますとアピールして採用 ※郵便局は未経験50代でも採用されます。詳しくはコチラの記事で→ 【30代Uターン転職が決まらない場合、どうしたらいいかをお伝えします】

・生協(配送&営業)
以前にも生協の配送員をやっていて、経験者という事をアピールしたら採用

・印刷会社A(営業職)
生協時代から営業経験がある事をアピールし、面接で保険セールスの実演を披露し採用

・印刷会社B
印刷業界経験者ということで採用。

・web系会社
簡単なサイト更新・修正レベルのweb知識とライティング力のテストに受かり採用(本ブログを1年運営していた経歴とプログラミングスクールに通い、マークアップ言語の基礎を理解していた事が採用につながる)

 

まとめ

僕のUターンしてきてからの転職歴は

郵便局→生協→印刷会社A→印刷会社B→web系会社

と、実に5社に渡ります。

 

32才で戻り転職しまくっている割に、ことごとく次の会社に採用されてきた主な理由は

過去の経歴を活かせる業界へ応募したから

です。

 

Uターンする前は配送と営業の経験があったので、その経験をアピールし郵便局と山梨の生協、印刷会社の営業に採用。

ただ、現在就いているweb系の仕事は過去の経験は一切関係なく、プログラミングスクールで学んだマークアップ言語の基礎とプログを運営してきて磨いたライティングスキルを評価してもらいました。

 

基本的に30代Uターン転職で就職先を探す場合、これまでの経験を活かせる職場、または採用されやすい業界へ応募するのが1番でしょう。シンプルに固く再就職をしたいならば、そこを狙っていくのがベターです。

 

これからUターン転職を考えているけれど、ちょっと不安ですよね?でも大丈夫です。情報さえ集めておけば、身一つで帰ってきても何とかなります。

32才スキル無し資格無しで帰ってきて、一発目の職場の内定で失敗した僕が今何とかなっているのだから、きっとアナタも大丈夫です。

地元へ戻ろうと考えているアナタは、そろそろ親の側で暮らそうかな、と思っている優しい人だと思います。そんなアナタに僕のUターン転職体験談が、何かの参考になれば幸いです。

 

ちょっとした時に親にマッサージして喜ばれたりすると、「帰ってきて良かったなあ」と暖かい気持ちになれますよ。家族みんなで、平和な人生の第2ステージを送るのも良いものです。

 

スポンサーリンク